内視鏡検査|川崎市 宮前平内科クリニック|内科・循環器科・呼吸器科・消化器科・健康診断・胃内視鏡検査

044-860-4119

〒216-0006 川崎市宮前区宮前平2-15-2
TEL/FAX:044-860-4119

内視鏡検査

鼻からも胃内視鏡検査ができます

鼻からも胃内視鏡検査ができます

胃内視鏡検査は胃癌の早期発見には必須の検査です。
しかし「つらかった」「苦しかった」という経験をされた方も多いと思います。
そこで当院では極細径の柔らかい内視鏡スコープを鼻から入れる「経鼻内視鏡」を採用しました。

口からの検査では舌の付け根にスコープが触れるため検査中に吐き気がしばしばおこります。
鼻から入りますと舌の付け根に触れずに食道に到達しますので、吐き気をほとんど感じることなく検査が可能です。
若干画質が劣るなどの問題点もありますが、経鼻内視鏡検査は今後、胃疾患のスクリーニング法として広く普及していくと思われます。
なお本法は、出血傾向がある方や、血液がさらさらになる薬を服用している方は、検査後に鼻出血を 起こす恐れがあるため施行できません。
もちろん従来通りの口からの検査のための高画質のスコープも完備しております。

検査は聖マリアンナ医科大学病院の安田医師(日本消化器内視鏡学会指導医)が施行しますので、 大学病院と同じレベルの診療を受けることが出来ます。

【検査についてのご案内】
毎月第1~第4火曜、毎週水曜のそれぞれ午前中の予約制・検査前に感染症の検査が必要です。
お申し込み・ご質問はスタッフまでお気軽に。

安田 宏

安田 宏

昭和53年 3月 駒場東邦高校卒業
昭和59年 3月 東北大学医学部卒業
昭和59年 5月 三井記念病院内科レジデント(臨床研修医)
昭和63年12月 東京大学第四内科医員
平成 3年 6月 群馬大学内分泌研究所
(現・生体調節研究所)研究生
平成 6年 1月 東京大学第四内科助手に採用
平成 7年 6月~平成10年 2月 米国バージニア大学医学部研究員
平成13年 4月 東京大学消化器内科助手に配置換
平成13年10月 昭和大学藤が丘病院勤務
平成21年 1月 聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科准教授、 日本消化器内視鏡学会指導医
平成22年 4月 聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科教授